• TOP
  • 記事一覧
  • 企画職でおすすめの資格は?転職やキャリアアップに役立つ資格をご紹介

企画職でおすすめの資格は?転職やキャリアアップに役立つ資格をご紹介

企画職とは、多くの業界や業種に必要とされる魅力的な職種です。業務内容は、新規プロジェクトや新商品の企画・開発、経営戦略の立案、マーケティング戦略など多岐にわたります。

企画職は人気が高い職種です。企画職で働くために必要なスキルや資格を身につけ、キャリアアップを図りたい人も多いのではないでしょうか。

本記事では、企画職の仕事内容や求められるスキル、ご自身の市場価値や評価の向上につながるおすすめの資格について紹介します。


企画職の仕事内容


企画を立案・実行し、結果の検証・改善を行うのが企画職です。企画職といえば「新商品やサービスの開発」をイメージする人は多いのではないでしょうか。

しかし、それだけではなく、企画職は幅広い分野で必要とされる職業です。ここでは、代表的な下記の5つの仕事内容を紹介します。

  • 商品企画・開発
  • 販売促進
  • 広報・PR
  • 営業企画
  • 経営企画

商品企画・開発

商品企画・開発は、新商品の企画・開発や既存商品の改良を行う仕事です。

企画・開発は、顧客ニーズや消費者動向を知るための市場調査、トレンド分析、ライバル会社の商品調査などからスタートします。

既存の商品を改良する場合は、既存顧客にアンケートやインタビューを行い、課題点の洗い出しを実施します。

なお、企画職が商品開発をどこまで手がけるかは、企業によって大きく異なるため注意が必要です。

販売促進

販売促進は、自社の商品やサービスを多くの人に販売することを目的とした仕事です。顧客に自社の商品を知らせ、手に取ってもらえるよう促します。

具体的な仕事内容としては、サンプルの配布、クーポンの発行、DMの送付、割引サービス、店頭キャンペーン、POPやポスターの作成、実演販売、SNSを利用したプロモーション活動など、多くのものがあります。様々な方法で顧客の購買意欲を刺激し、売上拡大につながるような取り組みを実施します。

広報・PR

広報・PRは自社の商品やサービスを世間に広く認知してもらうことを目的とした仕事です。市場調査・分析、戦略立案・実行を行います。

具体的には、商品をテレビや雑誌、新聞、ラジオなどのメディアに取り上げてもらうために、PR活動やプレスリリースの記事作成などが挙げられます。

その他、取材対応、メディアとの関係構築、自社メディアの制作、イベント企画、社内報の作成なども広報・PRの仕事です。

企業によっては、先述した販売促進業務を広報・PRが担うことがあります。

営業企画

営業企画は、売上の最大化や顧客獲得など営業目標を達成するための施策を企画する仕事です。

市場調査や顧客ニーズの調査・分析、自社商品や競合商品に関する調査・分析などを行い、課題を洗い出し、課題解決に向けた営業戦略を立てます。

営業戦略を基に、営業方針の決定、販売目標の設定などを行います。企業によっては、営業部門の従業員のモチベーション向上のため、インセンティブ制度などを導入するケースもあります。

経営企画

経営企画は、企業の経営方針や企業理念に基づき、目標達成のための経営戦略を策定する仕事です。経営方針や企業理念の策定について、経営企画が携わるケースもあります。

経営管理も経営企画の業務の一つです。市場調査・業界調査などを基に分析し、経営目標数値を立てます。

目標実現に向けた計画を立案し、社内の各部署で共有し、目標に向けて事業を推進するよう進捗管理を行います。必要に応じて、新規事業計画を立てることもあります。

企画職で求められるスキル


企画職では、現状の調査・分析、課題の洗い出し、解決策の立案・実行などを行います。これらの多様な業務を実行するためには、幅広いスキルが必要です。

ここでは、特に重要な4つのスキルを紹介します。

  • 企画力
  • 情報収集・分析力
  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル

企画力

対象が抱える課題を明確にし、解決法を具体的に提示する力が企画力です。

例えば、商品企画・開発であれば、顧客のニーズを明確に洗い出した上で、それを満たす商品を作り出すことが求められます。

経営企画であれば、自社が今抱えている課題を洗い出し、課題に対する解決方法を見つけ出して形にする力が必要です。

問題の本質を見抜く力や、アイデアを数多く発想する力に加え、それを実現可能な形に落とし込んで形に変えていくスキルが求められます。

情報収集・分析力

課題解決のためには、「何が課題なのか」「何を解決したらスムーズなのか」「顧客ニーズは何か」といったことを正確に把握しなければなりません。

情報を効率よくスムーズに収集するためには、情報収集力が必要です。また、消費者目線でニーズやトレンドを把握する、といったスキルも求められます。

集めた情報から問題点を抽出するための分析力も欠かせません。例えば、市場分析の結果、不足している商品やサービスを見つけ出すスキルなどが挙げられます。

コミュニケーションスキル

企画職の仕事では、様々な立場の人と情報共有したり意思疎通をスムーズに行ったりする必要が生じます。

例えば、経営企画であれば、経営陣はもちろん、様々な部署に目標を伝え進捗管理を行うためには、コミュニケーションによる信頼関係の構築が欠かせません。

広報・PRの場合は、マスコミなど社外の人と頻繁に意思疎通を図りながら、自社商品を広めていくケースが多くあります。

顧客アンケートやインタビューを行う際にも、潜在ニーズを引き出すために高いコミュニケーションスキルが求められます。

プレゼンテーションスキル

どの部署でも、企画を形にする際は多くの場合、社内で承認を得なければなりません。経営陣などに企画の良さを伝え、相手に理解してもらい承認を得るために必要なのが、高いプレゼンテーションスキルです。

プレゼンテーションでは、説得力のある説明を論理的に進めていく必要があります。論理的思考力を用いて話を組み立てると、説得力のある説明が可能になります。

相手が求めているものや課題を把握した上で、メリットを提示することが大切です。

企画職におすすめの評価される資格


企画職で働くために必須の資格はありません。しかし、特定の資格を取得すると先述したスキルを習得していることを客観的にアピールできます。

習得したスキルが仕事で活かせるだけでなく、就職や転職の際に、他の応募者との差別化を図ることにもつながります。

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定は、中央職業能力開発協会が主催しています。公的資格ですが、国家資格ではありません。

ビジネスパーソンに必要な知識の習得と実務能力の評価を目的とした試験です。試験分野は次の8つに分かれて実施されています。

  • 人事・人材開発・労務管理
  • 経理・財務管理
  • 営業・マーケティング
  • 生産管理
  • 企業法務・総務
  • ロジスティクス
  • 経営情報システム
  • 経営戦略

分野ごとに4つの等級が設けられており、実力に合わせた知識を網羅的に学べます。等級ごとの目安とおよその合格率は以下の通りです。

等級 受験者の目安 実務経験の目安 およその合格率
BASIC級 学生・就活内定者・新入社員など 0~1年目 80%前後
3級 係長職やリーダーを目指す人 3年程度 40~60%
2級 課長職や管理職を目指す人 5年程度 30~50%
1級 部長職以上を目指す人 10年以上 10~20%

企画職の場合は、「営業・マーケティング」分野の3級から目指すのがおすすめです。

参照:中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア検定」

商品プランナー

商品プランナー資格は、一般社団法人日本販路コーディネータ協会の日本商品開発士会による民間資格です。商品戦略や販売促進戦略に関する基礎知識が身につきます。

資格取得方法には、「試験」と「研修」の2種類があります。研修はeラーニングで行われます。

なお、研修を選択した場合でも、無試験で資格を取得できるわけではありません。研修後に小試験があり、その結果で合否が決まります。

研修小試験の合格率は約90%、一斉試験の合格率は約75〜80%です。

試験では「商品・サービス企画の基礎」「商品開発マーケティングの基礎」「商品開発におけるコミュニケーション・プレゼンテーションの基礎」などについて出題されます。

商品プランナー取得後は「商品開発士」「商品開発コーディネーター」といった上位資格を狙うことも可能です。

参照:JMCP 日本商品開発士会「商品プランナー<Product planner>研修」

販路コーディネータ

販路コーディネータは、一般社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する民間資格です。マーケティングの理論や商品開発、販売開発スキルが身につきます。

資格は3級、2級、1級の3つのレベルに分かれており、3級から順にステップアップしていきます。

なお、3級は受験資格が不要ですが、2級を受けるためには販路コーディネータ3級取得者、1級を受けるためには販路コーディネータ2級またはJSRA認定セールスレップ・マイスター資格者であることが条件になります。

取得方法は、「一斉試験」または「資格認定研修プログラム (eラーニング+小試験)」です。3級の場合、合格率は研修小試験で約75%、一斉試験で約70%です。

実務に直結する出題も多いため、今後企画職として勤務したい人が、業務内容のイメージを膨らませるためにも活用できます。

参照:一般社団法人日本販路コーディネータ協会「販路コーディネータとは」

参照:一般社団法人日本販路コーディネータ協会「販路コーディネータ3級 通信講座」

プレゼンテーション技能検定

プレゼンテーション技能検定は、一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会が認定している民間資格です。プレゼンテーションに関する幅広い知識やスキルが身につきます。

資格区分は3級から1級までの4段階に分かれており、3級・準2級には受験資格は必要ありません。2級以上を受ける際には受験資格が必要です。また、級によって試験の実施方法は異なります。

試験方法
3級 オンライン:選択式問題
準2級 オンライン:選択式問題と記述式問題
2級 オンライン:記述式問題試験会場またはオンライン:実技試験
1級 試験会場:記述式問題・実技試験

各級のレベルは次の通りです。

  • 3級:プレゼンテーションの基礎知識を有している
  • 準2級:3級の内容および実務レベルの知識と技能を有している
  • 2級:準2級までの内容および企画提案や商談、製品説明会など様々なビジネスプレゼンを実施できる技能を有している
  • 1級:2級までの内容および他人へのプレゼン教育や指導能力を有している

各級とも対応講座の受講後、検定試験を受験することができます。

参照:一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会「プレゼンテーション技能検定」

USCPA(米国公認会計士)

USCPAは米国公認会計士協会が試験を作成する会計士資格です。アメリカの会計士試験ですが、日本でも受験できます。

試験は英語で出題されるため、USCPAを取得すると会計知識に加えてビジネス英語力があることを証明できます。

近年、急速にグローバル化が進んでおり、ビジネス英語力が必要な場面が増えてきました。例えば、経営企画においてM&Aなどを行う場合に、会計知識と英語力を有していることは大きな強みになるでしょう。

海外との取引を検討する際や海外の情報を積極的に収集し情報分析に活かしたい、海外の支店で企画職として働きたい場合などにも役立ちます。

勉強時間の目安は1,200~1,500時間といわれています。ただし、英語力がない場合はさらに勉強時間が必要です。

USCPAについて詳細を知りたい方は下記の記事も併せてご確認ください。

参照:アビタス「USCPAとは?魅力や取得後のキャリア・難易度・試験内容を詳しく解説」

■USCPA米国公認会計士)を取得するならアビタスで!

国際資格の専門校であるアビタスでは、紹介しているUSCPA(米国公認会計士)をはじめとして、数多くの役立つ資格やスキルを提供しています。

特に、USCPAに関しては、講座を開講して以来6,000人以上の合格者を輩出しています。日本在住合格者の約3人に2人はアビタス卒業生です。

アビタスでは、オンラインでUSCPAの概要や活かし方がつかめる「USCPA説明会」を行っています。興味がある方は、まずは無料の説明会をご確認ください。

USCPAのオンライン無料説明会はこちら

自分の目指す企画職のキャリアに合わせて適切な資格を選ぼう


商品企画・開発はもちろん、販売促進、広報・PR、営業企画、経営企画など企画職が活躍する部署は多岐にわたります。

どの部署でも、課題を洗い出し、解決するためのアイデアを出し、具体的な形に変えていくのが企画職の仕事です。

アイデアを発想する企画力だけでなく、情報・収集分析力やコミュニケーションスキルなど多くのスキルが求められます。

企画職になるための必須の資格はありません。しかし、資格を取得すると、必要なスキルや知識を身につけていることが客観的に証明できるケースもあります。

キャリアに合わせて適切な資格を取得しましょう。

企画職に必要な会計知識を身につけるならA-viewで!


これまで紹介してきたように企画職の仕事内容は多岐にわたり、求められるスキルや資格も多くあります。

企画職として評価されていくために資格取得は有用ですが、会計知識を身につけることも同様に必要です。例えば、販売促進におけるリスクを最小限に抑えるための予算の確保や、資金配分を考える際に会計知識が役に立つでしょう。

A-viewでは、様々なビジネスシーンで役立つ会計スキルが身につく魅力的なコンテンツを提供しています。
会員限定のコンテンツを視聴するためには、10秒でできる簡単な会員登録が必要です。

未来をひらく会計メディアA-viewの会員登録はこちらから 

会計思考を利用した分析手法や会計知識の取得方法について詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。

一覧に戻る

アビタスのUSCPA

アビタスのUSCPA アビタスのUSCPA

a-viewに参加する

A-viewに登録すると会員限定の記事やセミナー動画を無料で見ることができます。ぜひ、ご登録ください。